アドバイザーの提言の修正が増え、顧客はより高度な教育を受けたいと変化している

「Fidelity Charitable」が実施した調査では、アドバイザーの半数が、顧客からの寄付が全体的に増加したと回答している。

「Fidelity Charitable」が水曜日に発表した報告書によると、2017年の税制改正により、慈善事業に対するアドバイザーの考え方や、顧客との会話における慈善事業の位置付けが変わったという。

調査対象となったアドバイザーの47%が、税制改革に対応し、10年以上に及ぶ強気相場に追随して、多くの顧客が慈善事業への寄付戦略を修正したと報告している。具体的には、下記のような措置が取られた。