近代セールス
(画像=PIXTA)
銀行員から事業承継を経験した経営者へ質問
後継者が金融機関の担当者に対して偏見や警戒心を持っているように思うのですが、それはなぜなのでしょうか。またそうした後継者との距離を、どのように縮めていけばよいですか。

私は35歳で社長になりましたが、ちょうどその頃、当時のメインバンクの支店から若手経営者を集めた懇談会に招かれました。その初回、企業側の参加者は皆一様に緊張しており、支店長以下銀行側の参加者も話題に困るようなギクシャクした雰囲気でした。

懇談会の雰囲気は回を重ねるごとに和らいでいったものの、ほとんどの若手経営者はなかなか打ち解けることができません。例外として最初からくつろいでいたのは、金融機関勤務の経験がある人か、懇談会に参加している銀行員がたまたま同級生だった人ぐらいでした。

後継者は金融機関を信用していない!?