定年後の生活のことを考えて、「貯蓄していたお金を投資に回したい」と考えてはいませんか。ただ、日々の忙しさから「投資方法や投資先を考える時間がない」という人もいるでしょう。もし、投資を始めたくてもどの商品にどのくらいお金を投じればいいのかを決める時間がないのであれば、AIが投資先を選定してくれるAI投資を試してみてはいかがでしょうか。

この記事では、AI投資の仕組みについて詳しく紹介します。この機会に新しい投資の方法について押さえておきましょう。

自動で投資先が選定されるAI投資

40代,AI投資のススメ
(写真=Jack Frog/Shutterstock.com)

AI投資とは、簡単にいうとAIが自動的に投資先を選定し、売買を行う投資方法のことです。具体的な利用方法を見ていきましょう。まず、利用者はサービス登録時に年齢や年収、金融資産のおおよその額、株価が下がったらどのような対応を取るか、などの質問に回答します。この質問の回答から、リスク許容度や目標金額をAIが判断し、自分に合ったポートフォリオを構築してくれるのが特徴です。

そして、金融商品の提案から、買い付けまで行ってくれます。何にどのぐらいの金額を投資して、いつまでに目標金額を達成させるのかをすべて自分で決めることは容易ではありません。しかし、AI投資を活用すれば、投資先や売買について考える手間を省くことができるのです。

公正な判断ができるAI投資

AI投資のメリットは、何といっても感情に左右されない公正な判断ができる点にあります。自分で投資先を決定する場合は、好みの商品や知っている商品ばかりに目が向きがちです。また、人間の判断で投資先の選定を行うと、そのときの感情で判断が偏ってしまう場合もあります。例えば、投資後に保有する商品の価格が下がってしまったとき、すぐに売却する決心がつかず、さらなる損失を抱えてしまう可能性もあるのです。

しかし、AI投資なら人間の感情に左右されず投資先を選定するため、今まで知らなかった金融商品でも、自分の投資目的に合ったものを選んでもらえます。そして、価格が下落傾向と判断された場合には、すぐ売却し、見込みのある商品への乗り換えも行ってくれるのです。

自分にあったAI投資を考えてみよう

AI投資を提供しているサービスはいくつかあります。ここでは、ポートフォリオの構築や売買まで行ってくれる2社を紹介します。

長期・積み立て・分散投資の「WealthNavi」

WealthNavi(ウェルスナビ)は、自動積立タイプなら1万円からスタートできるAI投資です。(利用するサービスによって最低金額は異なる)「長い期間をかけて資産を増やしていきたい」という人に向いています。WealthNaviの特徴は、「長期・積立・分散」です。投資期間は短くても10年以上で、1ヵ月ごとなど定期的に同じ金額を投資します。日本国内だけでなく世界の金融商品に分散するスタイルを取っています。

将来、金融危機の時期があったとしても、長期的に投資を行えば価格変動リスクを抑えることができるため、確実に資産を増やすことが期待できます。また、分散投資は資産が一つの国や商品に偏ることで生じるリスクの回避ができます。なお、ドル建てでの2016年1月~2019年3月までの利回りは、プラス10.4~21.8%でした。(リスク許容度によって成長率は異なる)

さまざまなニーズに応える「THEO」

「多額の収益を得ることよりもなるべく低いリスクで運用したい」「リスクを取っても高い収益を期待したい」など、投資に期待することは人それぞれに異なります。THEO(テオ)なら、長期的に資産を形成したい「グロース」や、保有資産の目減りを避けつつインフレリスクに対応したい「インフレヘッジ」など、さまざまなニーズに応えるポートフォリオを構築することが可能です。

積立金額の設定は「1万円以上、1,000円刻み」と比較的少額からできます。増額や減額も容易です。今まで銀行などで積み立て預金をしていた人でも抵抗なく始めることができるのではないでしょうか。

AI投資で気軽に投資を始めてみよう

今まで投資というと、銘柄や商品選定、売買の手続きなど手間のかかるものでした。しかし、AI投資では全く投資経験がなく、金融知識のない人でも簡単に運用を始められます。時間をかけずスマートかつ、効率よく資産運用を始めたいのなら、AI投資を考えてみてはいかがでしょうか。(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
「お金持ちは長財布」はもう時代遅れ?
日本は借金大国?世界の債務残高はどのくらいのか
ビジネスセンスが現れる!差がつく「手土産」3選
サービスで選ぶエグゼクティブのカード
プラチナカードの審査の仕組みとは