市場の不安定さと比例するように年金の売上が上昇している

年金保険全体の売上高は前年同期比で17%以上増加している。

2019年第1四半期の年金の総売上高は578億ドルに達し、前四半期からわずかに減少した。

「Insured Retirement Institute」によると、2019年第1四半期の年金の総売上高は578億ドルに達し、2018年の前四半期からわずかに減少し、定額年金の売上高は前年同期から急増した。

データの研究者によると、昨年末の市場の不安定性と金利圧力が主な原因だという。

IRIが金曜日に発表した「Beacon Research」と「Morningstar」が報告したデータによると、業界全体の年金売上は前年比で17.5%増加したが、第4四半期からは3.6%減少している。