QOZの影響力を測定するためにはデータの収集方法を検討すべきである

財務省の情報提供要請に対し、約70の組織からなる連合が回答した。

Economic Innovation Group(EIG)が率いるコミュニティ開発、プライベート・エクイティ、ベンチャー・キャピタル、投資会社からなる70社近くの連合は、Qualified Opportunity Zones(以下QOZ)プログラムの投資に関する報告の枠組みがどのようなものであるべきかを詳述する勧告を財務省に提出した。

この書類は5月1日に財務省から出された情報要請に対する回答で、現在の「Form 8996」は、QOZファンドが毎年提出しなければならないものであり「QOFを通じて個々のQOZファンドに流入する投資の額と種類を財務省が決定するための十分な粒度がない」としている。