価値の見直しを図りポートフォリオのリバランスを行ったほうが良い

「Wells Fargo Investment Institute」は、中期見通しで「注意を払うこと」を推奨している。

経済成長が11年目に入り、米国の景気回復が記録的な最長となるにつれて、ボラティリティが高まることを覚悟したほうが良いだろう。これはWells Fargo Investment Instituteの今年半期の市場予測の主要なポイントの1つである。

グローバル市場戦略責任者であるPaul Christopher氏は「価値判断に基づいて、今から段階的に動き始めたほう良い」と述べた。「リバランスは私たちの一番の提案である」と付け加えた。