今回の質問
午前中に行った振込手続きを、午後にお客様から撤回したいと言われた場合、どう対応したらよいでしょうか。詳しく教えてください。

組戻依頼への対応
(画像=PIXTA)

振込手続きを行った後に、振込依頼人に当該振込の必要がなくなった、振込依頼書に被仕向店名を誤って記入したといった理由により、振込の撤回を仕向店に申し出て、振込金を返却してもらうことを「組戻し」といいます。

組戻しの依頼を受けた仕向店は、依頼人から振込金受取書(振込受付書)や、ATMで行った振込の場合は利用明細書を提示してもらい、どの振込を組み戻すのか確認します。そして、所定事項が記入され署名・押印された組戻依頼書を提出してもらいます。

組戻しの申し出は当該振込の依頼人に限り受理するものです。そのため、仕向店は組戻依頼人が取引先の場合には組戻依頼書に押捺された印影と取引印鑑を照合する、取引先でない場合には組戻依頼書と振込依頼書の筆跡を照合するなどにより、組戻依頼人が振込依頼人であることを確認します。

また、各金融機関の所定の組戻手数料を求めます。