今回の質問
振込で入金不能となった場合の被仕向店での取扱いや、当店で行った振込について被仕向店から照会を受けた場合の対応方法について教えてください。

振込の入金不能時の対応
(画像=PIXTA)

振込手続きは、振込依頼人が振込依頼書等により振込要件を仕向店に示し、仕向店はその内容のとおりに振込通知を被仕向店に送り、被仕向店は振込通知の内容どおりに受取人口座へ振込資金を入金処理することによって完了します。

ただ手続き上、振込通知の受取人名や預金種目、口座番号のいずれかが受取人口座と一致せず正しい受取人口座が特定できない、受取人口座に振込入金停止等が設定されている、受取人口座が解約済みであるなどの理由で入金できないことがあります。

このような場合、被仕向店は振込通知に記載された3桁の「付加コード」の1桁目に記載された「入金不能時の仕向店照会表示」により取扱いを行います。

入金不能時の仕向店照会表示が「1(照会不要)」の場合には、被仕向店は返却理由を明記して、直ちに資金を返却(付替)することになります。受取人口座の解約済みや振込入金停止の設定など返却理由が明確な場合は、この取扱いを行います。

入金不能時の仕向店照会表示が「0(照会必要)」の場合には、被仕向店は「一般通信[照会]」により仕向店に照会し、仕向店からの回答に基づき処理をを行います。