相手に聞き取りやすい話し方には、一般的に次のような特徴があります。

聞き取りやすい話し方を身につけよう
(画像=PIXTA)

・「ソ」の音階で落ち着いたトーン
・大きすぎず小さすぎない声量
・1分間に300~400字のスピード(ややゆっくり)
・適度な間合い
・鼻濁音のしっかりした発音や滑舌
・正しく美しい言葉遣い

例えば、お客様からのクレームを受けている際に、お客様の早口に合わせて早口になると、お客様はもっと早口になり、怒りが収まりにくくなります。その場合、こちらがゆっくり明瞭に話すことで、お客様に落ち着きを取り戻させ、怒りを鎮静化する効果が期待できます。

相手から何回も聞き直される場合は、滑舌が悪い可能性があります。日頃から「口を開いて話す(ボソボソと話さない)」

「お客様と正対し、前を向く(下を向いて話さない)」「明るい声を出す」を心がけると大幅に改善されるでしょう。

言葉遣いが不適切ではすべて台無しです。特に尊敬語や丁寧語、謙譲語が適切に使えているか確認しましょう。