営業店,トップマネジメント
(画像=marvent/Shutterstock.com)

課題解決提案によってお客様からの信頼を獲得し強固な取引基盤を構築

2019年度を「跳躍」の年と位置付ける山梨信用金庫。各営業店長が独自のスローガンを掲げて店舗運営にあたるとともに、営業店が設定した数値目標等をボトムアップする形で事業計画を策定するなど、本部主導から営業店の自主性重視の姿勢に舵を切った。

今回ご紹介するのは、そんな山梨信用金庫の大看板を担う、樋川秀雄本店長だ。樋川本店長が掲げたスローガンは「変革への挑戦、『人』の力で顧客の信頼を勝ち取る」。職員一人ひとりがお客様からの信頼を獲得することで、より強固な取引基盤の構築を目指している。

本店という最重要拠点で、どのような取組みが行われているのか、早速見ていこう。

来店した事業先にはすべて本店長が対応