「人的要因」や「財務的ウェルネス」に焦点を当てている

Prudentialは財務的ウェルネスに焦点を当てた。Lincolnは数値に注目した。

一部の保険会社は、紙のクリップや輪ゴムのように、生命保険や年金が消費者の生活に当たり前に存在しているかのように振る舞っている。

他のいくつかの保険会社の経営者は、投資家や証券アナリストに対して、死亡率、罹病率、および長寿のリスクから身を守るために、生存している人々にお金を使わせるには、まだ生存している人間が必要であることを認めている。