税制改正や市場の不安定さなど様々な要因が関係している

対立する経済的および政策的要因が慈善事業への寄付を形成したことが「Giving USA」の年次調査で明らかになった。

Giving USA2019(2018年の慈善事業に関する年次報告書)によると、2018年に個人、企業、財団、慈善団体が米国の慈善団体に約4277億ドルを寄付を行ったという。

慈善事業への寄付総額は前年同期比で0.7%増加した。インフレ調整後の総寄付額は1.7%減少している。