元クレディ・スイスのプライベートバンカーが解説!富裕層ケーススタディ
(画像=ZUU)
世古口 俊介
世古口 俊介(せこぐち・しゅんすけ)
株式会社ウェルス・パートナー代表取締役。1982年10月生まれ。大学卒業後、2005年4月に日興コーディアル証券(現・SMBC日興証券)に新卒で入社し、プライベート・バンキング本部にて富裕層向けの証券営業に従事。その後、三菱UFJメリルリンチPB証券(現・三菱UFJモルガンスタンレーPB証券)を経て2009年8月、クレディ・スイス銀行(クレディ・スイス証券)プライベートバンキング本部の立ち上げに参画。同社同部門のプライベートバンカーとして、最年少でヴァイス・プレジデントに昇格、2016年5月に退職。2016年10月に株式会社ウェルス・パートナーを設立し、代表に就任。保有資産数百億円以上の富裕層、未上場・上場企業の創業家の資産保全・管理、相続・事業承継対策、資本政策・M&Aなどの企業価値向上対策、ファミリーオフィスサービス提供に従事。

私は現在、富裕層・事業オーナー向けに資産配分・資産運用設計の最適化コンサルティングを行うウェルスパートナーという会社を経営しています。

職歴としては、新卒は日興証券(現:SMBC日興証券)でその後、三菱UFJメリルチンチPB証券(現:三菱UFJモルガンスタンレーPB証券)に転職、2009年にクレディスイス証券(兼クレディスイス銀行)に転職し、2016年に独立しました。

富裕層・事業オーナー向けの資産ポートフォリオ構築、相続・事業承継対策に従事しており、これまでの経験から富裕層がどういった形で資産運用に取り組んでいるかをご紹介できればと思います。一人目のお客様は上場会社の創業メンバーの方で、プロフィール、ご要望は以下の通りです。

富裕層ケーススタディ【1】
<顧客プロフィール>
上場会社役員
年  齢:40代後半・男性
属  性:上場会社の役員
家族構成:奥様とお子様2名
資産背景:保有資産3億円(現預金5000万円、日本株式2.5億円)
年  収:約1,800万円

<ご要望>
・特定の日本株式に資産が偏っており資産構成を見直したい
・半年後に会社を退職するため運用によりキャッシュフローを増やしたい
・運用したいがリーマンショックのような経済危機が不安
・長期的に子供に資産を残す方法を考えたい
・忙しく資産運用について考える時間がない

上記のお客様は某上場会社の創業メンバーで創業時から保有していた同社株式とストックオプションの価値が2.5億円程度ある。半年後には退職する予定なので、現在の役員報酬に代わる今後のキャッシュフローを資産運用で捻出したいと考えている。

このようなお客様のケースは実はかなり多い。保有する会社の株式は東証マザーズの株式で1日で5%上下することもあり、それによって自分の保有資産も1日で1000万円前後動くことになる。普通の金銭感覚の方にとっては、精神的にきつい。

また会社は上場すると創業メンバーは数億円の上場株を保有することになり、会社を辞めて独立したり、エンジェル投資家になったりするケースが多い。今回もまさにそういったケースである。

当社は上記お客様の要望に対して下記のような提案を行った。具体的な資産配分、銘柄提案の前にまずは当社の現状認識をお客様と共有し、その上で基本的な運用方針を設定する。

<現状分析>
① 個別の日本株式に資産が集中
② 外貨、債券、不動産の保有比率が低い
③ 借入がなく投資効率が悪い

目下は個別の日本株式に資産が集中していることが最も大きなリスクという認識をお客様と共有。

<基本運用方針>
① 外貨、株式、債券、不動産への資産分散
② 運用目的をインカムゲインとし債券と不動産を資産の中心とする
③ 経済危機、景気後退にも備えた危機対応型の資産ポートフォリオ

具体的な資産配分を決める前に、上記のような基本運用方針を策定する。この運用方針がかなり大事で、運用の目的や方向性がぶれないための羅針盤となる。このような現状分析と基本運用方針を設計、お客様と共有した上で、以下のように具体的な資産配分・資産運用設計のご提案を実施した。