投資信託
(画像=PIXTA)
高齢者対応トラブル防止マニュアル
(画像=バンクビジネス)

皆さんが投資信託を販売する際には、適合性の原則に沿ってお客様の知識や経験、投資目的等を確認したうえで商品を選択し、その商品についてお客様が理解できるように説明していることと思います。

しかしながら、時が経つにつれてお客様の状況も変わっていくものです。特に高齢者の場合、収入や資産等だけでなく、意思能力や健康面にも変化が出てくることが考えられます。例えば投資信託を購入した際には商品の内容を理解していても、年を重ねていくにつれて理解力が衰えてくることもあります。こうした状況を把握するためにも、投資信託を販売した後のアフターフォローは大切です。