払戻し
(画像=PIXTA)
高齢者対応トラブル防止マニュアル
(画像=バンクビジネス)

貯金の払戻しは、預金者本人に対して行うのが基本です。来店したお客様が通帳と印鑑を持参して預金の払戻しを要求した場合、不審な点がなければ、印鑑照合をしっかりと行ったうえで払戻しを行っているものと思います。

しかしながら、病気や仕事など様々な理由により、息子など預金者の家族が代わりに来店することがあります。この場合、もし預金者本人の意思に反しての払戻しであれば後日、預金者本人からクレームがつくなどトラブルになるかもしれません。