横ばい
(画像=PIXTA)
見た目にだまされない!決算書分析の落とし穴
(画像=バンクビジネス)

今回は、売上は横ばいだが当期純利益が上昇しているケースについて見ていきましょう。

サンプルはB社の3期分の損益計算書です。これを見てどんなことが分かりますか。売上は大きく変動していません。しかし、当期純利益を見ると、前期は400万円と前々期と比べて6分の1に落ち込みましたが、今期は2400万円と大幅に増加、前々期の水準に戻しており、経営状態に大きな問題はないように思えます。

ところが、売上原価を前期と今期で比較してみると、約4000万円減少しています。売上の維持には、少なくとも前期並みの仕入が必要となるはずですが、売上原価が減少しているのはどういうことでしょうか。