近代セールス
(画像=PIXTA)

マル保融資だけでなくプロパーに積極的に取り組むことの意義とは何?

最近は信用保証協会の「マル保」だけでなくプロパーの融資も検討するようにと言われますが、どうして必要なのですか。プロパーに取り組む際、注意すべき点はありますか。

信用保証協会(以下、保証協会)は、法人融資で接することが多い公的機関だろう。経営の安全性や収益性が低い中小企業に対しては保証協会つき融資(マル保)を検討する機会は多くなるが、過度に依存するのは問題だ。昨年4月には改正信用補完制度がスタートし、保証協会との連携強化という意味でも、マル保とプロパーを適切に組み合わせた支援が求められている。

マル保に過度に依存する問題や両者の使い分けについて、例を挙げて解説しよう。

プロパーは企業だけでなく自行庫にもメリットがある