モトリーフール米国本社、2019年6月2日投稿記事より

「裕福」を定義する数値はありません。

しかし、100万ドル以上の資産を持っている人は一般的に「裕福」と呼ばれます。

フィナンシャルサービスサイトのGOBankingRatesによれば、米国人は100万ドル以上の富を蓄積できるかどうかについて疑問を抱いています。

しかし、不思議なことに実際には約62%の米国人がミリオネア(億万長者)になれると考えています。

もし億万長者になりたいなら、以下の3つのことを実践するべきでしょう。

億万長者
(画像=Getty Images)

1. 早めに貯金を始める

億万長者になるためには、人生を通して定期的にたくさんの現金を貯蓄する必要があると思うかもしれません。

しかし、それは違います。

早い年齢から一定の金額を貯蓄し始めて、それに複利の魔法をかければよいのです。

次の表をチェックしてください。

月額500ドルを貯金した場合、貯蓄できる金額を示しています。

調査によれば、米国人の62%は億万長者になれると考えている
(画像=筆者が計算および表作成)

お金を貯蓄して成長させるには、十分な時間が必要です。

そうすることで、日々の生活に影響することなく、かなりの額を貯蓄することができます。

しかし、貯蓄し始める時期が遅いほど、複利の恩恵が少なくなり、億万長者の地位を獲得するのが難しくなります。

上記の例では、35年間の貯蓄期間では、月額500ドルを100万ドル以上にするのに十分な時間とは言えません。

その場合は、その目標を達成するために1か月に600ドルを超える金額を貯金する必要があります。

また、20年の期間で100万ドル以上を貯蓄するには、月に2,000ドル以上を貯金する必要がありますが、これは非常に困難なことです。

2. 賢く投資する

上記の表では、年間平均7%のリターンを想定しています。

これは、株式投資を前提にしています。

もし、より安全な運用をしたいというのであれば、貯蓄利回りは低くなります。そして100万ドルに達するには時間がかかるでしょう。

先ほどと同様に、時間の経過とともに月額500ドルを貯金します。

しかし、今回は株ではなく債券に投資します。

この場合、リターンは4%になります。

以下の表は、貯蓄がどのようになるかを示しています。

調査によれば、米国人の62%は億万長者になれると考えている
(画像=筆者が計算および表作成)

上記の数字は、7%のリターンで見た結果ほど魅力的ではありません。

ある程度資産を増やしたい場合は、適度に積極的な方法で投資することが重要だということがわかります。

3. 賢いライフスタイルを選ぶ

月に500ドルを節約することについて口で言うのは簡単ですが、実際に実行できますか?毎月全ての給料を使ってしまうのであれば、銀行に預けるためのお金を生み出すことは難しいかもしれません。

その一方で、支出を最小にし、少し我慢して生きるための努力をするならば、大きな夢のためにお金を貯蓄することができるでしょう。

まず、高価な家を買わないように注意してください。

そして、コンパクトな車を運転してください。

同様に、常に外食をするのを控え、衣類や電子機器もよく検討してから購入してください。

ライフスタイルが控えめであればあるほど、100万ドル以上を貯められる可能性が高くなります。

アメリカ人の62%が億万長者になれると思っていることは心強いですが、実際にその目標を達成できるかどうかは別の話です。

早い時期からの貯蓄、賢い投資、そして賢明な支出管理によって億万長者になれるでしょう。(提供: The Motley Fool Japan

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)
「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信
モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。


記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。