年金口座
(画像=PIXTA)

皆さんは、現制度のままだと将来自分が年金をいくらもらえるか把握していますか。若い世代には実感がわかないかもしれませんが、「自分ならどうだろう」という視点を持つことが、年金アドバイスを行ううえで1つのポイントになります。