投信動向
(画像=PIXTA)

本連載の最終回となる今回は、他行にある年金受取口座の獲得について取り上げます。そこでまず、年金受取口座をどの金融機関に持つか、お客様はどのように決めているか考えてみましょう。

多くのお客様は、自宅や長年勤めていた会社の近くにある金融機関に給与受取口座を持っており、特別な理由がなければそのままその口座を年金受取口座とするようです。