決算書
(画像=PIXTA)
こんな決算書どう分析しますか?
(画像=バンクビジネス)

本連載は、決算書で取引先企業がどんな状態か分析する際、どこをどのように見ていけばよいかをお伝えします。今回は、損益計算書の売上高について考えます。

まず、決算書のサンプルを見てください。これはA社の3期分の損益計算書ですが、どんなことが分かりましたか。すぐに気づくのは、今期の売上が前期に比べて大きく減少していることでしょう。結果として営業利益、経常利益も赤字となっています。

決算書の数字は、1つひとつを眺めていてもあまり意味がありません。今期の売上が低下していることが分かったのは、その前の期と比較したからです。