決算書
(画像=PIXTA)
こんな決算書どう分析しますか?
(画像=バンクビジネス)

今回は、損益計算書の中の売上原価と売上総利益に着目します。

まずは、決算書のサンプルを見てみましょう。B社はある卸売業の会社です。皆さんは、この3ヵ年分の損益計算書からどんなことを読み取りますか。今期の売上高が14億円ですから、月商に直すと1億1000万円を超えています。営業利益は500万円、当期純利益は300万円の黒字を維持しました。

皆さんの中には「黒字なのだから大きな問題はない」と思った人もいるかもしれません。ですが、もう一度よく見てください。確かに売上総利益、営業利益、経常利益、当期純利益のいずれも黒字ですが、売上高は今期大幅に落ち込んでいます。それにもかかわらず、前期並みの黒字を維持できたというのは少し違和感はありませんか。