決算書
(画像=PIXTA)
こんな決算書どう分析しますか?
(画像=バンクビジネス)

今回は、損益計算書の営業外利益と営業外費用(以下、両者を合わせる場合は営業外損益という)に着目してみましょう。

損益計算書は毎期の売上と費用から利益(損失)を算出するものですが、売上に関する項目は1つであるのに対し、利益に関する項目は上から順に売上総利益、営業利益、経常利益、税引前当期純利益、当期純利益と5つあります。

このうち経常利益とは、通常の経営活動で経常的・反復的に計上される利益のことです。算出方法は「営業利益+営業外利益-営業外費用」となります。

営業外利益とは、財務活動など本業以外で経常的に発生する利益をいい、営業外費用とは本業以外で経常的に発生する費用を指します。営業外損益に該当する主な勘定科目は、図表1のとおりです。