決算書
(画像=PIXTA)
こんな決算書どう分析しますか?
(画像=バンクビジネス)

今回は、損益計算書に記載されている特別利益と特別損失に注目していきます。合わせて、特別利益・特別損失と関係の深い含み益と含み損について考えたうえで、後半部分では簿外資産や簿外債務についても見ていきましょう。

特別利益・特別損失とは、一言でいうと臨時的、例外的に起こる「繰り返さない取引」によって発生する損益です。例えば、固定資産の売却などで発生した利益が特別利益に、地震や火事などでの損失、固定資産の売却損などが特別損失に当たります(図表1)。