決算書
(画像=PIXTA)
こんな決算書どう分析しますか?
(画像=バンクビジネス)

今回からは貸借対照表(バランスシート)について考えていきます。

貸借対照表はある一定時点(決算期末) における「資産」「負債」「純資産」の状態を示したものです。「負債・純資産の部」は、資金をどのように調達しているかを表しており、貸借対照表の右側に記載されます。「資産の部」は資金をどのように運用しているかをまとめたもので、貸借対照表の左側に記載されます。

貸借対照表を見れば、どのように資金を調達し、それをどのように運用しているかが分かるわけです。

貸借対照表は右側と左側の数字の合計が釣り合います。例えば、銀行で1000万円融資を受けたとすると、負債の部に記載される「借入金」が1000万円増加し、「現預金」も1000万円増加します。左右ともそれぞれ1000万円増加するので左右の合計は結果的に釣り合うというわけです。