証券取引委員会の二人の職員が水曜日、受託者の任期に「魔法」があるかどうかについて議論した。

ワシントンのウィルマーヘールで開かれた証券業界・金融市場協会が開催したRegulation Best Interestセミナーでの質疑応答で、SECのトレーディング・アンド・マーケッツ部門のディレクター、Brett Redfearn氏は次のように述べた。「ブローカーとアドバイザーのための統一基準について話しましたが、受託者という用語には魔法はありませんでした」とRedfearnは言った。「受託者が何を意味するのかについて全員が明確に理解していることは明らかではなかった」と付け加えた。