シュワブは手数料無料ETFのプラットフォームを再び拡大し、ETF OneSourceプラットフォームに新たに25のファンドを追加し、合計539のファンドを獲得した。同社は今年これまでに285のファンドをプラットフォームに追加し、その数は昨年の倍以上になった。

Schwabは現在、手数料無料のETFプラットフォーム上に503のファンドを持つFidelityをリードしているが、TD Ameritradeには569のファンド、Vanguardには1,800近いファンドがある。 Schwabのサードパーティ投資信託とETFプラットフォームの副社長であるKari Droler氏は、ETF OnSourceプラットフォームの拡大を発表する際に、同社の2019年ETF Investor Studyに言及し、投資家は追加料金なしで幅広いETFカテゴリーを望んでいることが分かった。