最近の調査では、市場の状況に満足しており、投資の準備ができていると答えたのはわずか31%で、前四半期からは2ポイント、昨年の第1四半期からは4ポイント減少した。

Allianz Lifeの最新の市場認識調査によると、第二四半期の大幅なリセッションの到来を恐れていたアメリカ人は、2019年と2018年の第一四半期よりも多く、48%対46%と44%、あるいは大規模な市場の崩壊を恐れていたのは47%対46%と42%だった。 Allianz Lifeの先進市場担当バイスプレジデント、Kelly LaVigne氏は声明で、「過去1年半の間にボラティリティは標準的になってきたが、だからといって市場の大きな変動がそれほど激しいものではない。」と述べた。