会員制のコストコでは、その仕組み上、プリペイドカードが特別な意味を持つことになります。それはメリットといえますが、一方でデメリットといえる特徴があるのも事実です。

コストコでのショッピングはエンターテインメント

コストコ,プリペイドカード,メリット
(写真=dennizn/Shutterstock.com)

コストコはアメリカ生まれの会員制倉庫型店です。年会費(税別)は個人が4,400円、法人が3,850円となっています。

「倉庫店」と呼ばれる店舗では、食品やキッチン用品、衣類、電化製品などのほか、化粧品、宝飾品、時計、自動車用品、工具、本、家具、オフィス用品など、さまざまな商品が低価格で販売されています。多くの食品は箱売りやまとめ売りがされているので、一度の買い物で大量に購入でき、お気に入りの商品をお得に手に入れられるのも人気の理由です。

日本では、川崎、幕張、神戸、広島、北九州など26店が展開されており(2018年11月現在)、会員以外は基本的に入店できない仕組みであるにもかかわらず、多くのファンを獲得しています。

時々有名人がコストコでの買い物の様子をSNSで報告していることがありますが、それは多種多様な品揃えにより、エンターテインメントといっていいほどの楽しいショッピング体験ができるからでしょう。

プリペイドカードがあれば非会員でも入店OK

コストコでは、店内で使えるプリペイドカードが発行されています。コストコ店内の他にコストコのガソリンスタンド(会員のみ)でも使えます。

プリペイドカードは店舗内のギフトカード売り場で購入でき、購入時点で5,000円分が入金されています。店内の専用端末機を使って1,000円単位で追加入金(チャージ)でき、1回につき4万9,000円まで、カード1枚につき10万円を上限に入金可能です。

このカードを購入できるのは会員だけですが、贈答品として非会員に贈ることができます。通常、非会員はコストコに入店できませんが、プリペイドカードを持っていると、「1日特別ご招待券(ワンデーパス)」が発行されて入店でき、買い物もできるのです。

ただし、非会員は表示価格に5%が追加された非会員価格での買い物となります。非会員はカードへの入金ができないなどの制約もあるため、非会員の家族や友人・知人などにプレゼントする際には、注意事項としてその点を伝えておいたほうがいいでしょう。

コストコのプリペイドカードのメリット――利用履歴をWEBサイトで確認

コストコのプリペイドカードには、現金やクレジットカードにはない次のようなメリットがあります。

①利用履歴や残高をWEBサイトで確認できる

コストコでの利用履歴や残高をコストコの専用WEBサイトで確認できます。残高だけなら店内のプリペイドカード専用端末でも照会できます。これは、個人としての利用なら家計の管理に、法人としての利用なら経費の管理に役立つでしょう。

②使い過ぎを防げる

コストコでのショッピングは楽しい体験であり、つい買い過ぎてしまう人も多いようです。心当たりのある人はぜひ、①で紹介した利用履歴をWEBサイトで確認できる機能を活用してみましょう。また、毎月決まった金額をチャージしておき、その範囲で購入するというプリペイドカードならではの使い過ぎ防止方法もあります。

③プレゼントできる

先に説明しましたが、プリペイドカードを非会員にプレゼントして「コストコ体験」をしてもらうことができます。もし知人などで「コストコに興味があるけれど、会員になる前に店内を体験したい」という人がいれば、プリペイドカードをプレゼントしてみましょう。

コストコのプリペイドカードの注意点――紛失・盗難時の補償はない

コストコのプリペイドカードのように、個人に紐づけられていないカードはその仕組み上、クレジットカードなどにはないデメリットがあります。コストコのプリペイドカードの主な注意点は次の3点があります。

①プリペイドカードには有効期限がある

カードの最終利用日の翌日を起算日として1年間利用がない場合、カードは無効になります。その場合、返金もされません。ただし、有効期限内にプリペイドカード専用端末やWEBサイト経由で残高照会を行うと、その照会日が「最終利用日」となり、その翌日から1年間はカードが無効化されることはありません。

②カード残高の払い戻しはできない

有効期限内であってもカード残高の払い戻しは基本的にできません。そのため、コストコが近くにない地域に転居する可能性がある場合は、あまり多い金額はチャージしないほうがいいでしょう。

③カードの紛失・盗難に伴うカード機能の停止・返金・再発行はない

カードを紛失したり盗難にあったり、あるいは持ち主の許可なく第三者が使用した場合でも、カード機能の停止、返金、再発行はされません。つまり、チャージしてある金額をそのまま失う可能性があるということです。

注意点を押さえてスマートなショッピングを

コストコのプリペイドカードには利便性や贈答用などに使えるなどのメリットがある一方で、有効期限や紛失・盗難補償がないなどの注意点もあります。しかし、チャージし過ぎないなど注意すべきポイントさえ押さえておけば、メリットだけをうまく享受することもできます。上手に活用することで、コストコでのショッピングがよりスマートでスムーズに運ぶはずです。(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
「お金持ちは長財布」はもう時代遅れ?
日本は借金大国?世界の債務残高はどのくらいのか
ビジネスセンスが現れる!差がつく「手土産」3選
サービスで選ぶエグゼクティブのカード
プラチナカードの審査の仕組みとは