会員制のコストコは通常、年会費を支払っている会員と同伴者のみが利用でき非会員は入店できません。しかし、非会員であってもコストコを利用することはできます。ここでは、「プリペイドカード」を活用することでコストコに入店し、ショッピングする方法などを取り上げます。

フードコートも楽しいコストコ

コストコ非会員,プリペイドカード,ワンデーパス
(写真=robbin lee/Shutterstock.com)

日本では26店が展開(2018年11月現在)されているコストコは、アメリカ生まれの会員制倉庫型店です。「倉庫店」と呼ばれる巨大な店舗内では多種多様な商品が販売されています。食品、キッチン用品、衣類、電化製品、化粧品、宝飾品、時計、自動車用品、工具、本、家具、オフィス用品など、生活に必要な商品が低価格で売られています。食品や菓子類などは大ロットで売られており、一度の買い物で大量に購入できるためコストパフォーマンスに優れた買い物ができます。

原則的に会員以外は入店できない仕組みであるにもかかわらず多くのファンを獲得しているのは、コスパ以外にも、フードコートの存在も大きいでしょう。焼きたてのアメリカンサイズピザ、ジャンボホットドッグ、スムージー、飲み放題のアメリカンサイズソーダなど、豪快な「コストコフード」に惹かれてリピーターになっている人も多いようです。

ここでしか味わえないショッピング体験やコストコでしか食べられないものがあるのも、多くのコストコファンを生む要因のひとつとなっています。

同伴入店以外で非会員がコストコに入店する3つの方法

コストコの評判を聞いて関心を示す人は多いのですが、ハードルとなるのは会員制というところです。

コストコは会員とその同伴者2人までは入店可能(18歳未満の子どもは人数制限なし)ですが、非会員は入店も見学も買い物もできません。いわゆる「体験入会」のような制度もないので、同伴させてくれる会員と知り合いでない場合は、いきなり入会することになります。

コストコの個人会員(ゴールドスターメンバー)は年会費として4,400円(税別)が必要ですので、体験的な利用をすることなく入会するには抵抗のある人もいるでしょう。

しかし実は、同伴してくれる会員がいなくても、入会前にコストコを体験する方法があります。次にそれを紹介します。

①1日特別ご招待券(ワンデーパス)で入店する

コストコの近くに住んでいる場合、郵便受けに投函されたコストコのチラシに1日特別招待券(ワンデーパス)がついていることがあります(ほかにも配布経路があるようですが、現在、チラシも含め入手困難となっているようです)。

ワンデーパスによりコストコ店内へ入れますが、会員になったわけではないので、商品は表示価格に5%をプラスした非会員価格で購入することになります。

②プリペイドカードで1日特別ご招待券(ワンデーパス)をもらって入店する

コストコのプリペイドカードを持っていると、メンバーシップカウンター(あるいはサービスカウンター)でワンデーパスが発行され、入店と買い物ができます。ただし、コストコ会員を退会して1年未満の人、または過去にワンデーパスを利用した人にはワンデーパスは発行されません。

入店できても会員になったわけではないので、商品は表示価格に5%をプラスした非会員価格での購入となります。

プリペイドカードは会員がコストコ店内で買うしかなく、転売も禁止されているので、非会員が入手するには会員からプレゼント(無償譲渡)してもらうしかありません。同伴での入店を頼めるような親しい仲ではないけれど、譲渡のお願いならばできそうな会員が身近にいれば、有効な入店手段といえそうです。

③(事実上の)体験入会をする

「体験入会」の仕組みはないと先に述べましたが、実はそれに近いことはできます。コストコでは年会費保証として、満足できない場合に一定の有効期限内であればいつでも年会費を全額返金するという仕組みがあり、これにより事実上、体験入会ができることになります。

ただ、これはあくまでも入会を前提としたうえでの仕組みですから、「入会は考えていないが、一度コストコを体験してみたい」というだけの人は利用すべきではないでしょう。退会した月から12ヵ月は新規の入会手続きができなくなる点にも留意しておきましょう。

ワンデーパスやプリペイドカードは転売されているが……

なお、オークションサイトにはコストコのワンデーパスやプリペイドカードが出品されていますが、両方とも転売が禁止されているので、そうしたものは購入しないほうがいいでしょう。

コストコの会員規約によると、転売されたワンデーパスは使用できず、会員が転売した場合は会員資格が取り消されるとあります。この比較的厳しい罰則からも、正規の手順を取らない入店についてコストコがいかに問題視しているかが分かります。

入会に迷っている人はまずは1日利用から

幸運にも、ワンデーパスやプリペイドカードが手に入り、正規の手順で入店できたなら、ほかでは決して売ってないコストコならではの商品を購入したり、フードコートで「コストコフード」を満喫したりできます。コストコへの入会を考えている人は、家族や友人・知人などとの同伴入店も含め、一度「コストコ体験」をしたうえで会員になるかどうか判断すると、失敗のないコストコ利用が可能になるでしょう。(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
「お金持ちは長財布」はもう時代遅れ?
日本は借金大国?世界の債務残高はどのくらいのか
ビジネスセンスが現れる!差がつく「手土産」3選
サービスで選ぶエグゼクティブのカード
プラチナカードの審査の仕組みとは