解説
(画像=Getty Images)

2. 法定後見制度の3類型

法定後見制度には、後見・保佐・補助の3つの類型があります。この3つの類型のうち、いずれが適用されるかは、本人が有している判断能力の程度によって異なります。また、本人のサポートに就く者の名称および権限の範囲が異なります。

以下では、それぞれについて見ていきましょう。