紹介
(画像=Getty Images)

ケース③
成年後見監督人がいる成年後見人から預金解約の依頼

成年後見人への 対応に強くなる
(画像=バンクビジネス)

成年後見制度において、成年後見人を監督するのは基本的には家庭裁判所ですが、それをサポートする存在として成年後見監督人が位置付けられます。家庭裁判所は必要があるときには、成年後見監督人を選任できるものとされています。