手数料の継続的な低下は、プラン加入者が退職後の備えを構築する上で重要である

同報告によると、資産加重平均経費率は2000年以降で47%低下した。

ファンド業界の団体である「投資会社協会」は先週、401(k)プランを通じた株式とハイブリッド・ミューチュアル・ファンドへの投資は、2018年にはコストが低下したが、債券ミューチュアル・ファンドの平均経費率は安定していたと報告した。

401(k)のミューチュアルファンドに投資するプラン加入者は、より低コストのファンドを保有する傾向があると報告書は示している。