相続貯金
(画像=PIXTA)
相続貯金の
(画像=バンクビジネス)

預金は、相続開始により当然に相続人に分割されることはなく、共同相続人の準共有として遺産分割の対象となります。このため、遺言等がない場合には、共同相続人の合意により手続きを行うことが一般的です。

しかし、合意に至る前に、相続人の生活費や被相続人の葬儀費用等で資金が必要になる場合に、相続預金を払い戻せずに困るケースもあります。

そこで、相続預金の仮払制度に関する法律上の整備がなされました。2019年7月より、従前からある①家庭裁判所(以下、裁判所)の仮分割の仮処分による仮払制度に加わる形で、②裁判所の判断によらない仮払制度が新たにスタートしています。

裁判所の判断によらない仮払いでは限度額を確認