急成長している米国のETF市場は今後数年のうちに、市場を拡大させる規制の変更から市場を制限する可能性のある税制の変更に至るまで、大きな変化によって変化する可能性がある。ここでは、6つの重要な分野について説明する。

1.不透明で能動的に管理されるETFの登場

年末までには、最初の不透明な積極運用ETFが市場に出回ると予想されている。米証券取引委員会は4月にこの戦略を承認した。 これまでに、American Century、Capital Group、JPMorgan、Gabelli、Nationwide、Nuveen、およびPrecidian Investmentsの少数株主であるLegg Masonなど、10社の大手資産運用会社がActiveSharesと呼ばれる戦略のライセンスを取得している。さらにMcCabe氏はThinkAdvisorに対し、Precidianは30社近くの企業との契約に取り組んでおり、まもなく契約を終了する予定だと述べた。