投資家の需要に答えるため手数料の値下げ競争は今後も続くだろう

5つのインデックスファンドはいずれも、同様のVanguardのファンドよりも手数料が低く、最低投資額はないという。

「Fidelity Investments」は、Vanguardとの価格競争を拡大しており、それぞれ0.05%の純資産管理手数料を課す4つの中核株式インデックス・ミューチュアル・ファンドと、0.07%の手数料を課す1つの新しい地方債インデックス・ファンドを立ち上げた。

Vanguardの類似ファンドは2ベーシスポイント高く設定しているが、これらのAdmiral sharesは最低3,000ドルの投資額を要求しているのに対し、Fidelityインデックス・ファンドは、同社のすべてのインデックス・ファンドと同様、最低投資金額を設定していない。