ファイナンシャル・アドバイザーを利用しない高齢労働者、退職者を対象としている

アドバイザーは、退職後の収入を保証するためのベストプラクティスを概説した新たな論文の中で、クライアントを支援するためのヒントを見つけることができる。

米国アクチュアリー会(SOA)とスタンフォード大学の生涯センター(SCL)が2017年に開発した「Spend Safely in Retirement Strategy」(SSIRS)が、高齢労働者や退職者を大量に惹きつけるとすれば、アドバイザーは時代遅れになるかもしれない。SOAとSCLは最近、退職者のために老後の安全性に関する論文を発表した。

「ベースライン戦略」は、IRAや401(k)などの退職所得を「年金化」にするために開発されたもので、高齢労働者や退職者が退職時に得る生涯所得の金額を決定するのを支援するものであり、今後実行する予定だ。