SEIが発表した調査結果によると、投資家だけでなくアドバイザーも、顧客の成果に影響を与える行動バイアスの影響を受ける可能性がある。

4分の1のアドバイザーが、自分のスキルや正確さを過大評価する傾向が、意思決定に影響を与えていることを認め、5分の1の回答者が後悔を避けるための行動を取りたいと考えていた。 SEIのIndependent Advisor Solutionsで業務管理ソリューション担当責任者を務めるJohn Anderson氏は声明で「アドバイザーも人間です」と述べている。