渉外・融資担当者のための登記簿の見方・調べ方コース
●各種登記簿等を縦横無尽に読みこなすことができる能力を養成
●取引の相手方の信用調査のための商業登記簿の読み方、融資業務に欠かすことのできない不動産調査のための不動産登記簿の読み方を、改正会社法・商法・商業登記法・民法・不動産登記法への理解も深めながらやさしく解説
<*日本FP協会継続教育(不動産) AFP;7.5単位 CFP;15単位>
※画像をクリックするとビジネス教育出版社に飛びます
Question
株式会社と融資取引を開始する場合の徴求書類のひとつとして定款がありますが、徴求する目的および定款の内容について説明してください。
Answer
定款を徴求する目的は、融資取引が定款の目的の範囲内かどうかを確認するためでしたが、会社法においては、定款で定めることにより機関設計が多様化しました。取引の相手方の権利能力を調査するために旧法時と比較にならないほど重要となりました。以下、定款の記載事項とその読み方を詳しく解説していきますので、そのポイントをしっかりと理解してください。

みなさんは定款を読んだことがあるでしょうか。金融機関では融資取引をはじめるにあたっての徴求書類のひとつにもなっていますので、「読んだことがあるよ」という答えがすぐに返ってくるかも知れません。