人前で輝く!話し方
渉外・融資担当者のための登記簿の見方・調べ方コース
●各種登記簿等を縦横無尽に読みこなすことができる能力を養成
●取引の相手方の信用調査のための商業登記簿の読み方、融資業務に欠かすことのできない不動産調査のための不動産登記簿の読み方を、改正会社法・商法・商業登記法・民法・不動産登記法への理解も深めながらやさしく解説
<*日本FP協会継続教育(不動産) AFP;7.5単位 CFP;15単位>
※画像をクリックするとビジネス教育出版社に飛びます

⑤発起人の氏名または名称および住所

発起人が誰であるかを明らかにするために、発起人全員の住所・氏名(自然人)または名称(法人の場合)を記載し、発起人全員で署名または記名と押印(実印)をします(会社法26条。以下、記載のない条項は会社法)。(株)東京共同銀行の例でみると、第31条に記載があります。なお、これは定款の絶対的記載事項ですが、登記事項とはなっていませんので登記簿には記載されません。

⑥発行可能株式総数