人前で輝く!話し方
渉外・融資担当者のための登記簿の見方・調べ方コース
●各種登記簿等を縦横無尽に読みこなすことができる能力を養成
●取引の相手方の信用調査のための商業登記簿の読み方、融資業務に欠かすことのできない不動産調査のための不動産登記簿の読み方を、改正会社法・商法・商業登記法・民法・不動産登記法への理解も深めながらやさしく解説
<*日本FP協会継続教育(不動産) AFP;7.5単位 CFP;15単位>
※画像をクリックするとビジネス教育出版社に飛びます

⑧株主総会の決議の方法

❶普通決議

これは、総株主の議決権の過半数を有する株主(代理人でもよい)が出席して(これを定足数といい株主総会自体が成立するために必要な出席数)、その出席株主の議決権の過半数で成立するものをいいます(会社法309条1項。以下、記載のない条項は会社法)。次の「特別決議」「特殊決議」によると定められているもの以外は、この普通決議によることとなります。

この定足数は、定款によって緩和(かんわ)してもよいこととされており、実務の多くは定款で定足数を排除し、㈱東京共同銀行のように、単に「出席株主の議決権の過半数」で決議が成立する、としています。