ビジネス出版社 不動産融資、コンサルティングに強くなるコース
不動産融資のリスクに備え、目利き能力を鍛える!
不動産の評価、法令上の制限から不動産ビジネスの見方、不動産の有効利用まで、不動産融資、コンサルティングに不可欠の知識を身につける
<*日本FP協会継続教育(不動産) AFP;7.5単位 CFP;15単位>
※画像をクリックするとビジネス教育出版社に飛びます

建築基準法は、建築物の敷地・構造・設備および用途に関する最低限度の基準を定めることを目的としています。“最低限度の基準”とありますので、建築基準法の規定よりも「厳しくすること」は可能ですが、それを「緩和すること」はできないこととなっています。なぜならば、前述したとおり建築基準法は“最低限度”守らなければならない基準だからです。

【1】建築基準法の意義