ビジネス出版社 不動産融資、コンサルティングに強くなるコース
不動産融資のリスクに備え、目利き能力を鍛える!
不動産の評価、法令上の制限から不動産ビジネスの見方、不動産の有効利用まで、不動産融資、コンサルティングに不可欠の知識を身につける
<*日本FP協会継続教育(不動産) AFP;7.5単位 CFP;15単位>
※画像をクリックするとビジネス教育出版社に飛びます

【3】単体規定と集団規定

日本は世界でも有数の地震大国であり、建築物の強度や建物に関する安全性を確保するための細かい規定が定められています。このうち、全国一律で適用される、建築物そのものの安全性を確保するための建築基準法の規定を「単体規定」といいます。単体規定では、建築物の敷地の衛生・安全・構造耐力・防火に関する制限、採光・換気に関する制限等が定められています。