ビジネス出版社 不動産融資、コンサルティングに強くなるコース
不動産融資のリスクに備え、目利き能力を鍛える!
不動産の評価、法令上の制限から不動産ビジネスの見方、不動産の有効利用まで、不動産融資、コンサルティングに不可欠の知識を身につける
<*日本FP協会継続教育(不動産) AFP;7.5単位 CFP;15単位>
※画像をクリックするとビジネス教育出版社に飛びます

敷地に目一杯建物を建てたいとは誰もが思うことですが、隣接する敷地に建つ建物が密集したエリアで火災が発生したら、隣接する建物への延焼・類焼の懸念があります。このような災害を防ぐために、建築基準法は容積率や建ぺい率の規制を設けています。詳しくみていきましょう。

【1】容積率

住宅の大きさを左右する容積率は、緩和規定や、逆に制限を強化する規定がいろいろと絡み合い、実際に適用される数値がわかりづらいケースも少なくありません。