前ニューヨーク州財務局長官のMaria Vullo氏は、戦略顧問会社を設立した。

同氏はインタビューで、規制、コンプライアンス、戦略的訴訟など、さまざまな問題について顧客に助言する計画だと述べた。 Vullo氏は、今年初めに州政府を去ってから、自分の会社を立ち上げるかどうか検討していると述べた。

(関連:ニューヨーク州、年金リスク移転訴訟で$19.75 Mの罰金を科す)

法律分野のキャリアを活かしベンチャーを起業

「これは私のキャリアの新しい章であり、私が関わることができる様々なこと、そして提供できるサービスにとても興奮しています」とVullo氏は言う。