第一線で働く行職員が金融業界に問題提起
(画像=PIXTA)

顧客本位時代のアドバイザーとして他社取引や非金融資産も勘案したポートフォリオ提案を目指すべきだ

預かり資産営業は、かつての手数料収益ではなく、資産残高重視の営業スタイルにシフトしている。一方で、アドバイザーであるべき担当者によるポートフォリオ提案は道半ばにあるのではないか。

資産管理を軸にした営業が主流となったが…