日々の支出の管理から長期的な投資まで、顧客のニーズに応じたサポートを行う

最大の独立系ロボアドバイザーが、他のほとんどの銀行より高いAPYを持つ貯蓄・当座預金口座プラットフォームを立ち上げる。

最大の独立系デジタルアドバイザーである「Betterment」はFDIC保険付きの貯蓄・当座預金口座プラットフォームを立ち上げるという。これは、預金者が当座預金の待機リストに登録することを条件に、国内の他のほとんどのデジタルや実店舗の銀行よりも高い預金金利を支払うことになる。

これらの顧客は今年のBetterment Everyday Savings口座でAPYの2.69%を獲得するが、これはWealthfrontの2.57%より高い。当座預金のキャンセル待ちの登録をしない預金者は2.43%の手数料を受け取る。Bettermentのプレスリリースによると、どちらのレートも変動し「いつでも変わるかもしれない」という。