業績アップに欠かせない チームの団結力向上講座 融資増強編
(画像=PIXTA)

私が役席としてまとめている渉外係には優秀な担当者がおり、チームの数字の大部分はその担当者の実績が占めています。最近、その者がワンマンで動くようになってきて、他のメンバーの士気が下がっている気がします。私も管理業務に追われ数字をその者に任せがちなのですが、このままではいけないと考えています。チームとしてこの状況から脱却するにはどうすればよいでしょうか。

営業推進では、核となる担当者の存在や大口案件など、目標達成に向け数字を見通すための材料が重要になる。エース担当者がいるチームは、その者を中心としてまとまりが良く、最後はエースが何とかしてくれるために目標達成状況もおおむね良好で、傍目では理想的なチームである。

しかしエースに頼りきりで、「目標達成はエースの双肩にかかっている」という状況が常態化しているならば、チームリーダーは改善に向けて行動を起こさなければならない。

こうした状態のチームには以下のような問題が生じる。

エース頼りなので、他のメンバーの当事者意識が薄れるとともに、目標達成のための能力開発がストップする。エースが転勤すれば業績が急降下するエースは多忙を極めるため、肉体的・精神的に疲弊してモチベーションの維持が困難になる。また自己啓発に向ける時間が失われることから、さらなるスキルアップが阻害されるエースの性格によっては、チームの実績を担っている事実を鼻にかけて振る舞いが傲慢になり、チーム力を低下させる

エースにはノウハウ提供や役席の補佐などを依頼