老人ホームの管理体制を見直すべきだ

Smetanka氏によると、連邦規制当局は施設だけでなく、所有者を監督する権限を持つべきだという。

Lori Smetanka氏は今週、すでに病気や障害を抱えていたり、長期介護(LTC)施設で生活するのに十分なほど衰弱している米国の居住者が直面している危機的なタイプのリスク、つまり施設の所有者が崩壊するリスクについて上院議員らと話し合った。

(関連記事:メディケイドの圧迫は老人ホームの質を低下させる

「室の高い介護のための全米消費者の声」の代表であるSmetanka氏は、火曜日にワシントンで、元老院裁判に関する上院財政委員会の公聴会で証言した。