貿易対策、株式市場の調整が大きな要因になるだろう

住宅価格の下落は、次の景気後退の大きな要因にはならないだろうと予測している。

次の景気後退は2020年に始まると、不動産経済学者と専門家が「Zillow」の後援で実施した調査で明らかになった。回答者の5人に1人は、第3四半期を最初の可能性が高いと予想している。

パネリストの35%が、現在の景気拡大が2021年に終わると予測した。

「Pulsenomics」は112人の不動産専門家とエコノミストを対象に、次の景気後退に対する予想と、2020年末までの住宅購入需要の変化について調査した。